Shake-Handsシネマ&トーク 第2回 参加者アンケート

 
2月9日に開催したShake-Handsシネマ&トーク @つくば市民大学 第2回「バベルの学校」のイベントページに、当日参加された方のアンケートに寄せられたコメントを掲載しました!
まだ一部ですが、寄せられたものからご紹介して、今後も随時アップしていきます。

「映画を観て帰っただけなら『よかった』だけで終わってしまったかもしれない」
それが、シェアしあうことで醸し出される化学反応(!)。味わった皆さんの思いを、お伝えできたら幸いです。(上記リンク先のページの下のほうへスクロールするとコメントが読めます)

 
次回・第3回「サバイビング・プログレス ー進歩の罠ー」は、2月23日(木) 18:30〜(18:15受付開始)です。

日本では少子高齢化が社会問題となって久しい一方で、地球規模ではすでに限界の閾値を超えたとも言われる人口増加の現実があります。科学の進歩、医療の進歩、技術の進歩。私たちはもちろん「進歩」あってこそ今の生活を享受していますが、この先も「進歩」するから大丈夫….で良いのでしょうか。さまざまな分野の専門家が各々の視点から人類の未来を考察します。”巨匠”マーティン・スコセッシ製作総指揮による圧巻の映像も魅力!

次回はこの作品を通して、熱く語りあいましょう!

参加申込みは、こちらから。
たくさんのご参加をお待ちしています!