Shake-Handsシネマ&トーク 第4回「ハーフ HAFU」明日3/9開催です!

 
Shake-Handsシネマ&トーク @つくば市民大学(4)「ハーフ HAFU」 明日の開催となりました!

日本特有の言葉であり、概念・意識といえる「ハーフ」。
最近では、2015年のミス・ユニバース日本代表に「ハーフ」の宮本エリアナさんが選出された時の「騒動」が記憶に新しいですが、「国際化・多様化を」という掛け声の一方で、良くも悪くも「ハーフ」を特別視する風潮は、21世紀になった現在も、まだまだ根強くあるようです。
同様に、「純粋な」を冠して国籍を言い表すのも日本独特。そんなお国柄にルーツを持つ「ハーフ」自身は、日本と自分との間にどんな距離感を持ち、それをどう感じながら暮らし、どんな未来を願い目指しているのでしょうか。

知らないことを「知る」ことから、対話が生まれ、世界が一歩ひろがります。
あなたもぜひ、ご一緒ください♪

参加お申し込みはこちら

 
@つくば市民大学 第5回「ザ・トゥルー・コスト 〜ファストファッション真の代償〜」、また[見逃しリプレイ]「ポバティー・インク 〜あなたの寄付の不都合な真実〜」も、絶賛お申込み受付中!
つくば市民大学での開催分は、ドリンクバーとお茶菓子つき。のんびりお茶飲みながら、お菓子をつまみながらの、ゆる〜い集まりです。(^ ^)
[見逃しリプレイ]は軽運動室のような公民館のホール。春休みの午後、親子連れでもぜひどうぞ。

(タイトルをクリックすると、説明と申し込みページへのリンクが表示されます)

3月23日(木) @つくば市民大学 第5回「ザ・トゥルー・コスト 〜ファストファッション真の代償〜」
ファストファッションと呼ばれる安価な衣類が大量に私たちの生活に入ってきたのはバブル崩壊前後。今ではすっかり市民権を得たファストファッションですが、一部有名ブランドの生産現場の実態が問題視されてもいます。いったい何が問題なのか、消費者には何ができるのか、衣類の値段が上がれば解決なのかーーこのテーマは多くの疑問とジレンマを孕みます。私たちが毎日着る服。その向こうにあるリアルを「知る」ことから始めませんか。

参加申し込みはこちら!

3月29日(水) 【見逃しリプレイ】「ポバティー・インク 〜あなたの寄付の不都合な真実〜」
タイトルにギクッとする人もいるかもしれない!?この作品。「支援」について考えます。ネットでポチッと「支援」できる時代。あなたがポチッた「寄付」「支援」は、果たしてどこへ行き、誰かを本当に「助けて」いるのでしょうか? もしも自分の「善意」が、誰かを苦しめているとしたら? 国内でも、海外へ向けても、「支援」と呼ばれるものが溢れている昨今だからこそ、この言葉に思いを馳せたいと思います。
※つくば市民大学で1/26に開催した作品の再上映です。

※曜日、開催時間、会場が異なりますので、ご注意ください。また、茶菓はつきません。※
水曜日 13:30受付開始 13:45〜16:45 つくば市二の宮交流センター ホール(つくば市二の宮4-2-6)

春休み、小さなお子さん連れの方もぜひどうぞ♪ また、大学生はもちろん、中高生にもおすすめできる作品です。

参加申し込みはこちら!

社会派ドキュメンタリー映画を観よう。語ろう。
ご参加をお待ちしています♪