Shake-Handsシネマ&トーク@つくば市民大学「ザ・トゥルー・コスト」今週3/23開催!

 
Shake-Handsシネマ&トーク @つくば市民大学(5)「ザ・トゥルー・コスト 〜ファストファッション真の代償〜」 今週木曜(3/23)開催となりました!

私たちの生活に欠かせない「衣・食・住」。これら三要素のうち、「食」「住」については、繰り返し起こる社会問題をきっかけに、生産地や生産者など、その背景への関心は右肩上がりに高まっていると言えます。
しかし、「衣」に関してはどうでしょう? 食べ物の賞味期限や建物の耐震性を気にするように、服が生産された背景について気にかける人は、多くはないように感じます。
特に、バブル崩壊と前後して現れた、安価で大量生産の「ファストファッション」と呼ばれる衣類は、気軽に消費できるからこそ、「なぜ?」に関心が及ばなかったのかもしれません。
異常な円高時代が過ぎた現在でも、十分安い値段でファストファッションが供給できるのは、なぜなのでしょうか。

2017年度の高校家庭科資料集(東京書籍版)に「エシカル(倫理的な)・ファッション」という項目が新設され、参考資料としてこの映画が紹介されています。
食や住のフェアトレードやオーガニックなどと同様、生産を海外に依存する消費国として、モノの「背景」を知り、適正な取引を推進していくことの重要性を、これからは学校でも教える時代です。
学生の皆さん、また、学齢のお子さんをお持ちの親御さんも、ぜひご一緒ください♪

参加お申し込みはこちら

 
Shake-Handsシネマ&トーク「@つくば市民大学」は、「ザ・トゥルー・コスト」でいったんの最終回。今後の企画については、また追ってご案内していきます。お楽しみに!

[見逃しリプレイ]「ポバティー・インク 〜あなたの寄付の不都合な真実〜」 絶賛お申込み受付中!
軽運動室のような公民館のホールでの開催です。春休みの午後、親子連れでもぜひどうぞ。

(タイトルをクリックすると、説明と申し込みページへのリンクが表示されます)

3月29日(水) 【見逃しリプレイ】「ポバティー・インク 〜あなたの寄付の不都合な真実〜」

社会派ドキュメンタリー映画を観よう。語ろう。
ご参加をお待ちしています♪