筑波大学「ダイバーシティ Awareness Week」にコラボ!

 
来たる2017年10月2日〜10月6日、筑波大学(筑波キャンパス)と周辺地域で、筑波大学ダイバーシティ・アクセシビリティ・キャリアセンター(DACセンター)主催の「ダイバーシティ Awareness Week」が開催されます。

期間中、10月5日(木) 17:30〜19:40 に開催の「ダイバーシティ シネマ&トーク」に、Shake-Handsも共催で参加します!

上映作品は、Shake-Handsシネマ&トークでも取り上げた『ハーフ(HAFU)』
多様な人々、多様な文化が共存する社会、また、自分自身の内なる多様性についても、多くの考えるきっかけをくれる、Shake-Handsもオススメのドキュメンタリー映画です。
上映後には、いま見た映画の感想や、ダイバーシティへの考え・思いをシェアするひとときをご一緒に。

会場は、つくばエクスプレス『つくば駅』からすぐのBiviつくば2F、筑波大学サテライトオフィス・つくば総合インフォメーションセンターです。

翌10月6日(金)には、筑波大学構内で「セクシュアル・マイノリティ写真展『OUT IN JAPAN @筑波大学』」も終日展示されます。

筑波大学「ダイバーシティ Awareness Week」は、さまざまな社会の多様性を切り口に、会期中、盛りだくさんな企画が準備されています。
筑波大学の学内だけでなく、地域へも開かれたイベントです。一般の方もこの機会に、大学に、ダイバーシティに、ふれて、考えてみませんか?

詳細は、以下のDACセンター公式ウェブサイトでご確認ください♪
筑波大学ダイバーシティ・アクセシビリティ・キャリアセンター ポータルサイト