企画主旨 – わかってナンボ! 活かしてナンボ! のWISC-IV/WAIS-III 3

●講師プロフィール
大六 一志【だいろく・ひとし】
博士(心理学) 臨床心理士 臨床発達心理士 特別支援教育スーパーヴァイザー
日本臨床発達心理士会茨城支部 支部長
日本版WISC-IV・WAIS-III刊行委員 WISC/WAIS両方の研修が行える唯一の刊行委員であり、全国へ赴いての研修は年間70~130回に及ぶ。
東京大学大学院総合文化研究科、武蔵野女子大学人間関係学部を経て、2004〜2016年3月まで筑波大学で教鞭をとる。茨城県・つくば市・土浦市・取手市の教育委員会、東京都域など、巡回相談員、特別支援教育アドバイザー、顧問等の実績多数。心理検査、アセスメントについての著書も多い。

●企画主旨

一人ひとりの認知のしかたや得手不得手を客観的に知るために用いられるウェクスラー式知能検査。
学齢期(5〜16歳)対象のWISC(ウィスク)、16歳以上対象のWAIS(ウェイス)があり、基本的には同じ検査ですが、特に学齢期では、個別の支援に欠かせない心理アセスメントの一つの指針として定番とも言える検査になっています。

もちろん、WISCやWAISだけでその人のすべてを知ることはできません。WISCやWAISでは見えてこない特性もあります。ですが、WISCやWAISだけでも、そこから見えてくるものは決して少なくありません。

さまざまな検査に共通しますが、検査というものは「結果を得て終わり」ではありません。むしろ、結果が出てからが本番、結果から導き出されるものを踏まえて、「では、どうするか」と、次のステップへの手がかりを得るためのもの、ではないでしょうか。
WISCやWAISも同じ、せっかく検査したなら、活かさないともったいない、と思うのです。

そこで、WISCやWAISを受けたら何がわかるのか、それをどう日々の生活に活かせるのか、どんなシーンで、具体的にどのような手法が有効か、について学ぼう! というのが、このセミナーの目的です。

一般的には、WISC/WAISに関する講座は、支援機関や教育行政などの専門研修(検査を行う側=検査者としての技能研修など)として行われることが多いようです。
仮に、本人や保護者や家族が、勉強したい一心で専門研修に参加したとしても、「なにか難しい話がやっている」だけで今ひとつ理解できないまま終わるかもしれません。
肝心の知りたいこと(「もっと突っ込んだこと」や「もっと基本的なこと」など)が話題に上らなかったり、聞きたかったのに…という思いを抱いたまま帰途につくこともあるかもしれません。

また、考えてみれば、そもそも「支援者」の立場と、「家族」の立場では、検査結果を日常に活かすニーズが異なります。
支援者が見ているのは、学校や病院や療育機関にいるときのその人であり、家族が見ているのは、おもに家庭を中心とした生活の部分、個人的な部分のその人です。
支援者は数多くのさまざまな人に接し、家族は1人もしくは多くても数人に対象が限定されます。

ということは、例えば家族に「授業中は…」「集団行動の時は…」「仕事中は…」といった切り口の支援の手法は、直接にはほとんど役に立てられないでしょう(応用はできるとしても)。また、幅広い特性よりもむしろ、より自分や家族にフィットした特性について知りたいことでしょう。
支援者もそうです。支援する側の人は、より広くたくさんの事例を知っておきたいでしょうし、家庭生活に活かせるヒントを提示することはあっても、実際にそれを実践するのは本人や家族であり、本当にそれが個々人の生活にフィットするかどうかは、本人や家族にしかわかりません。

「立場によって、はっきりニーズが異なる」

このことから、Shake-Handsでは、WISC/WAISセミナーを「保護者・本人版」と「支援者版」に分けて開催しています。
学校の担任や、主治医や、療育の指導員など、日ごろ直接関わっている支援者と一緒に来て、同じ講義を受ける、そのことの大切さもわかったうえで、あえて分けることにしました。
それぞれの立場の人が、それぞれのニーズにより近いヒントを見つけられることーーそれが、私たちの願いであり、提案です。

このセミナーは、「なにか難しい話を聞いた」だけで終わってほしくない、と、私たちは考えています。
疑問に対する答えやヒントをたくさん持ち帰り、今日より一歩、二歩、三歩と、明日からが確実にラクになる、困り感が軽減されていく、そんなセミナーになればと願っています。

大六先生は、日本版WISC-IV・WAIS-III両方の刊行に携わられ、全国でWISC/WAISの研修を行う刊行委員の中でも両方をレクチャーできる唯一の方。つまり、WISC/WAISのことなら何でも聞いていい方です。
ぜひ、お手持ちのWISC/WAISの結果や所見、また、日ごろ疑問に思っていること、WISC/WAISの質問をたくさん持ってきてください。聞きたいことは遠慮なく手を挙げ、どんどん質問してください。
そんな1日を、一緒につくりましょう!

●よくいただく質問

WISC/WAISセミナー保護者版2017

もうすぐWISC/WAISを受けるのですが、受検前でも参加できますか?

はい。実際に受ける前の段階では実感がわかない部分もあるかもしれませんが、「WISC/WAISを受ける意味は?」「受検の注意点は?」「受けた後はどうすれば?」といった疑問への答えは、きっと見つかると思います。また、予備知識を持っておくことで、実際に受検する際/した後にも役立つことと思います。

WISC/WAISの結果データや所見を持って行かないと参加できないのでしょうか?

いいえ。大六先生のお話を聞きながら、その場でお子さんやご自分のデータと見比べるとよりわかりやすいので、データがある方はお持ちになることをおすすめしていますが、なくても参加には差し支えません。

子ども連れでないと参加できません。託児はありますか?

残念ながら、Shake-Handsでは託児のご用意はありません。各自のご対応をお願いいたします。

電話では申し込めないのでしょうか?

はい、原則ネット申込みをお願いしています。理由は、❶ネットで予約状況を一元管理しているため❷申込み時に事前アンケートがあるため❸入場用バーコード をメールでお送りするため❹聞き間違い、メモ間違い等のトラブルを避けるため、などです。ご理解ご協力をお願いいたします。

※ネット環境がないなど、どうしてもオンライン申込みができない場合は、ご相談ください。

グループでまとめて申し込みたいのですが?

上記❷❸の理由から、お一人ずつの申込みにご協力をお願いいたします。

なお、複数の方で参加費を取りまとめての送金は可能です。
参加者名と参加費の送金名義が異なる場合は、お申込み時、特記事項欄に参加費の送金名義をお書きください。

まだ席は空いていますか?

お申込みフォームの上に「現在の空席数」を表示していますので、お申込み時にご確認ください。

満席の場合、キャンセル待ちはできますか?

キャンセル待ち可能かどうかはその時の状況次第となります。ウェブサイトで最新情報をご確認ください。

受講料が前払いですが、当日参加できなかった場合は返金してもらえますか?

開催1週間前の同じ曜日までにご連絡いただければ、開催終了後にご返金いたします。ただし、決済/返金によって生じた手数料(※)を差し引いた金額となります。 (※)銀行振込返金の場合の振込手数料、Squareクレジットカード決済の決済代行手数料など。
開催まで1週間を切って以降のご返金はご容赦ください。各種の開催経費は受講料で賄っており、当日欠席でもそのコストはすでに発生しているため、お返しできかねることをご理解いただけたら幸いです。

当日会場で受講料を支払いたいのですが?

当日支払は、10%の当日会計手数料が生じますが、可能です。当日会計手数料が銀行の振込手数料よりお安い場合もあり、希望される場合はご利用ください。
お申込み時に受講費の支払方法を「当日支払」を選択できるようになりました。

【おねがい】
Shake-Handsはとても少ない人数でイベント運営しています。
当日支払があまりにも多くなると、スムーズな入場ができなくなり、セミナーの進行にも影響する恐れがありますので、可能な限り、前払いでの受講料支払いにご協力いただけるとありがたいです。

※前払いでのお申込みで、連絡なく申込みから10日以内に受講料入金がない場合は仮予約が自動キャンセルとなります。
※前払いから当日支払への変更、当日支払から前払いへの変更は、Shake-Handsイベント事務局までご相談ください。(送信時は、メールアドレスの「★」を半角の「@」に修正してください ※スパム予防のため)

当日は受付でスマホ画面を見せればよいのですか?

はい。スマートフォンやタブレットの画面、また、紙に印刷したもの、いずれでも、予約完了メールに記載された2次元バーコードを受付で提示いただければOKです。

なお、「2次元バーコード」とは、以下のようなものを言います。

バーコード見本
2次元バーコード(見本)

商品についているような、複数の直線で構成されたバーコードではありません。
必ず、お申込みのイベントで取得された有効なバーコードをお持ちください。

WISCのバージョンがIIIなのですが、参加できますか?

大丈夫です。
このセミナーでは、WISC-IVを扱いますが、用語が少し違う部分を除けば、検査の内容やその意味は共通です。
適宜、読み替えて聞いていただくことができますし、わかりにくい点があれば後半の「Q&A大会!」で遠慮なく質問ください。

※WISCの現行バージョンはIVですが、自治体や取り扱い機関によって、現在もIIIで検査が行われているところは少なくありません。IVでない場合もご心配なくご参加ください。

また、今回はタイトルに挙げていませんが、成人向けのWAIS-IIIは、対象年齢層が異なるだけで、WISC-IIIと同じ検査です。
「WAIS-IIIだからWISC-IVの解説は当てはまらない」というわけではありませんので、ウェクスラー式検査の解釈が知りたい方は、WISC、WAISに関わらず参加いただけますし、不明の点はどんどん質問してください。

タイトルが昨年、一昨年と同じですが、内容も同じでしょうか?

はい、基本的に「保護者がWISCを学ぶ」という視点では同じです。ただし、講義の内容や構成は常にアップデートされていますし、また、事例も異なり、「まったく同じ」ではありません。

昨年も参加したので、もっと詳しい内容が知りたいのですが。

Shake-Handsの保護者向けWISCセミナーは、基礎的な内容に絞って繰り返し「場」を持つことを意義と考えています。「初めて診断を受けた」「最近特性に気づいた」という方は常にあり、こうした方が初歩の情報を知る機会・場を提供するのが、このセミナーの第一の目的です。趣旨をご理解いただけたら幸いです。

とはいえ、お子さんの特性をどう解釈するか、日常生活でどう向き合っていくか、学校などでの支援について保護者が知っておきたいこと、といった情報は常に更新されています。その意味では、年々新しい内容が盛り込まれているとお考えください。
繰り返しご参加の方には、年に一度、ご自身の知識や理解を確認する機会、また、現場の支援情報や参考文献、支援ツールなど、最新の情報を得る場と考えていただけたら幸いです。

会場には駐車場はありますか?

今回の会場「つくばイノベーションプラザ」には専用駐車場はありません。車でお越しの方は、周辺の有料駐車場等をご利用ください。もよりは、近い順に「南1」「南3」「南2」駐車場です。(いずれも徒歩5〜6分程度)

なお、徒歩10〜15分ほど離れてしまいますが、最大金額固定の格安有料駐車場も付近にあります。
周辺の地理がわかる方は、これらを利用されるのも良いかと思います。

例: リパークつくば東新井 ※1日最大400円
   スペースECO つくば駅前第2パーキング ※1日最大400円
   タイムズつくば国際会議場前 ※1日最大300円

スマホや携帯がありませんが、入場できますか?

スマートフォンや携帯電話でバーコードが表示できない、印刷したバーコードを忘れた、等、受付でバーコードを提示できない場合でも、「受付ID」をお申し出いただくことで受付できます。
「受付ID」もわからない場合は、お名前でも検索できますので、ご安心ください。

ただし、入場はバーコードのある方から優先となりますので、バーコードや「受付ID」が提示できない場合は、受付の順番が後回しになることがあります。あしからずご了承ください。

 

わかってナンボ! 活かしてナンボ! のWISC-IV/WAIS-III 3参加申込みページへ戻る