「WISC/WAISセミナー」支援者版 開催しました!

本日7月26日、「WISC/WAISは誰のため?〜問題と検査結果と支援の関係を理解する〜」(講師:筑波大学人間系 教授 大六一志先生)を無事、開催終了しました!

今年初めて現場の支援に就いた人から、5年10年と支援に携わってきた人、また、学校、福祉、医療、等々、さまざまな「現場」の支援者が集うクロスオーバーな(!?)セミナーでした。

午後のグループ・ディスカッションでは、「連携」を意識して、あえて異分野混合のグループを組み、臨床発達心理士のファシリテーションのもと、異なる立場が一つの事例について意見を交わし合う体験を持っていただきました。

受講者アンケートでは、「もっと講義が聞きたかった」という声も、「もっとディスカッションを深めたかった」という声も寄せられました。
まる1日の研修、長いようで短いですね!
Shake-Handsも多くのヒントをいただき、「次」を考えるよい機会をいただきました。

今日ご参加の皆さま、そして、先々週の保護者版とあわせて、この2015年7月に2回の機会をShake-Handsにくださった大六先生、本当にありがとうございました&お疲れさまでした!

来年もまた、大六先生のWISC/WAISセミナーを企画します。
お楽しみに。Stay tuned! (^ ^)