WISC/WAISは誰のため? 2 (支援者限定)

地図を読み込んでいます...

講師
日本臨床発達心理士会茨城支部 支部長
大六一志 氏

日時
2016/07/31 (日) 10:00 〜 17:30

場所
つくばイノベーションプラザ(旧・つくばサイエンスインフォメーションセンター)
茨城県つくば市吾妻1-10-1

後援
茨城県教育委員会 つくば市教育委員会

※このページに掲載されている以外の詳細は、決まり次第追記します。
WISC/WAISは誰のため? 〜問題と検査結果と支援の関係を理解する〜

参加対象者を限定した、クローズドのイベントです。

対象:発達障害児・者の支援に携わる立場の人 に限定
※本人を含む家族の方は、別途、保護者・本人版を企画していますので、こちらへご参加ください。
 2016年の【保護者・本人版】は、5月8日に開催終了しました。

内容:
○第一部 基礎講義(支援者版)
学校、医療・福祉など、支援の現場のニーズに着目したWISC/WAISの基礎講義です。

○第二部 グループ・ディスカッション(小グループによる事例検討) テーマ「学習のつまずき」
参加者から募集したWISCの実際の事例について、6〜7名の小グループで事例検討を行います。各グループに、ファシリテーターとして臨床発達心理士が入る予定です。
本セミナーには、学校、教育、福祉、医療、行政など、さまざまな分野や立場の方が参加されます。ディスカッションのグループは異分野をとりまぜて構成し、一つの事例について異なる視点からの意見交換ができればと考えています。
日常、固定化した現場では思いつかない支援のアイデアが見つかるかもしれません。ぜひ積極的にご参加ください。
なお、事例協力者が集まらなかった場合、企画変更になることがあります。

○セミナー終了後、交流タイムを設けます。(自由参加)
セミナー終了後も1時間程度、会場を開放します。地域や異なる業種・職種間の連携のきっかけとなれば幸いです。

【事例協力者を募集します】

※事例募集は〆切ました。ご応募いただいたみなさま、ありがとうございました。
今回は「学習のつまずき」をテーマにグループ・ディスカッションを行います。