Shake-Handsシネマ&トーク@つくば市民大学(4)「ハーフ HAFU」

地図を読み込んでいます...

講師
シェアタイム進行 (ファシリテーター)
徳田太郎 氏

日時
2017/03/09 (木) 18:30 〜 21:30

場所
つくば市民大学
茨城県つくば市東新井15-2 ろうきんつくばビル5階

後援

※このページに掲載されている以外の詳細は、決まり次第追記します。


毎月第2・4木曜の夜は、【つくば市民大学】で映画&トーク!
【Shake-Handsシネマ&トーク】は、みんなで映画を観て、思いをシェアしあう市民上映会です。
毎回、環境、経済、人や社会や生物の多様性、紛争、貧困、フードロス…などなど、さまざまな社会テーマを題材としたドキュメンタリー映画をチョイスしてお届けします。映画を観た後は、シェアタイム。お茶でも飲みながら、感じたこと、思ったことを、隣の人とちょっと話してみませんか?
めざすのは、「知る」ということ。学校では教えてくれなかった、あんなこと。慌ただしく過ぎる日常では気づけなかった、こんなこと。ここに来なければ出会わなかったかもしれない人と、ひととき思いを交わすことの新鮮さ。一人ひとり違った受け止め方、違った思いーーー。
「知る」ことから、世界が一歩ひろがります。
シェアタイムのファシリテーターは、徳田太郎さんです。

※こちらのイベントは終了が夜遅い時間になりますので、高校生以下の料金設定はありません。(参加は可能ですが、一般料金となります)

ハーフ ポスター画像

※ポスター画像をクリックすると予告編をご覧になれます。(Vimeoへの外部リンク)

 
【Shake-Handsシネマ&トーク】第4回は、『ハーフ』です。

日本で「ハーフ」と言ったとき、それは「日本人と、それ以外の国籍を両親に持つ子ども」をさしています。世界には国籍の異なる両親を持つ人は多数いますが、そうした人々を「ハーフ(half)」と呼んでカテゴライズするのは日本だけ。そこには、「日本人は単一民族である」という、この国特有の意識文化が強く根ざしているといえます。
国際化、多様化を叫びながら、一方では「ハーフ」という言葉で人を区別しようとする日本人。かつて「ハーフ」たちは、顔立ちや肌の色が違うことで差別や排除に遭った時代があり、また近年では「ハーフ顔メイク」に代表されるように、ある種の羨望の的にもなりました。しかしながら、良くも悪くも「ハーフ」を特別視する気風は、21世紀の現在もまだまだ現役のように感じます。

この映画では、「ハーフ」を英語の”half”ではなく日本独特の言葉「HAFU」と解釈し、現代を生きる5人のHAFUたちそれぞれの思いを描き出します。

※この映画は、音声に日本語と外国語のパートがあり、日本語音声の部分には英語字幕、日本語以外の音声の部分には日本語字幕が付いています。現在、日本語部分にも日本語字幕をつける準備をしています。

(2017.3.2) ※この映画は、登場人物の母語によって、日本語、英語、そして一部にそれらとスペイン語のミックスという複数の音声パートがあります。日本語音声の部分には日本語と英語の字幕、英語音声の部分には日本語字幕、スペイン語音声の部分には日本語と英語の字幕が付いています。

 

■参加者アンケートから■

○映画「ハーフ」の感想

心が温かくなる映画でした。
自らの運命を受け入れ、自ら生まれ持った花を咲かせ、やがて実をつけ、必要としている方々と分かち合われている。

やはり、どんなに想像をしても、自ら、体験したことでないと、人々に真に伝わらないと思います。
だからこの映画を通じて語ってくださった皆さんの言葉。一つひとつが宝物のように、私の中に響いてきました。
多くの方、とくに若者に見て欲しい映画ですね。