Shake-Handsシネマ&トーク@つくば市民大学(5)「ザ・トゥルー・コスト〜ファストファッション 真の代償〜」

地図を読み込んでいます...

講師
シェアタイム進行 (ファシリテーター)
徳田太郎 氏

日時
2017/03/23 (木) 18:30 〜 21:30

場所
つくば市民大学
茨城県つくば市東新井15-2 ろうきんつくばビル5階

後援

※このページに掲載されている以外の詳細は、決まり次第追記します。


毎月第2・4木曜の夜は、【つくば市民大学】で映画&トーク!
【Shake-Handsシネマ&トーク】は、みんなで映画を観て、思いをシェアしあう市民上映会。毎回、環境、経済、人や社会や生物の多様性、紛争、貧困、フードロス…などなど、さまざまな社会テーマを題材としたドキュメンタリー映画をチョイスしてお届けします。映画を観た後は、シェアタイム。お茶でも飲みながら、感じたこと、思ったことを、隣の人とちょっと話してみませんか?
めざすのは、「知る」ということ。学校では教えてくれなかった、あんなこと。慌ただしく過ぎる日常では気づけなかった、こんなこと。ここに来なければなかったかもしれない出会い。一人ひとり違った受け止め方、違った思いーーー。
「知る」ことから、世界が一歩ひろがります。

シェアタイムのファシリテーターは、徳田太郎さんです。

※こちらのイベントは終了が夜遅い時間になりますので、高校生以下の料金設定はありません。(参加は可能ですが、一般料金となります)

ザ・トゥルー・コスト ポスター画像
(c)TRUECOSTMOVIE
※ポスター画像をクリックすると予告編をご覧になれます。(映画公式サイトへの外部リンク)

 
【Shake-Handsシネマ&トーク】第5回は、『ザ・トゥルー・コスト』です。
40〜50年前まで、新しい服はお正月や新学期といった特別な機会に買ってもらうもの、だった気がします。1980年代にはDCブランドブームでデザイナーズブランドが乱立、でもまだその頃までは、庶民にとってファッションはそれなりに「高価なもの」でした。
「ファストファッション」と呼ばれる安価な衣類が大量に私たちの生活に入ってきたのは、バブル崩壊と前後した時期。以来、特にカジュアルファッションの分野でファストファッションは市民権を得てきました。モノや食べ物の大量消費/大量な余剰の廃棄が問題視され、スローフードやローカリゼーションに関心が高まる昨今でも、衣・食・住の筆頭である「衣」に関しては、私たちは実はあまりよく知らないのかもしれません。

一部、有名ファストファッション・ブランドの実態について知られるようにもなっていますが、では、なぜそれが問題なのか、私たちには何ができるのか、消費者は対価を支払って好きなファッションを楽しむだけではいけないのか、衣類の値段が上がれば、ファストファッションが淘汰されてしまえば、それでいいのかーーーさまざまな疑問を解き明かす第一歩は、やはり「知る」ことではないかと思います。

※この映画は、外国語音声/日本語字幕付きです。
 

前売(前払い)券と、当日(当日支払)券は、お支払方法が異なりますのでご注意ください。
一度のお申し込みにつき、お支払方法は1つしか選べませんので、両方の券種をお申し込みの場合は券種ごとにお申込みください。

 *「前売」でお申し込みの場合は、「ゆうちょ銀行」「Squareインボイス(説明はこちら)」を選択してください。
   →前売券は、前払いをいただかないと電子チケットが発行できないためお席の確保ができません。
    また、お申し込みの券種にかかわらず、当日に支払われる場合は当日券価格となります。
 *「当日」でお申し込みの場合は、「当日支払」を選択してください。
   →「ゆうちょ銀行」「Squareインボイス」を選択された場合、電子チケットが発行できないためお席の確保ができません。