Shake-Handsシネマ&トーク@つくば市民大学(6)「0円キッチン」

地図を読み込んでいます...

講師
シェアタイム進行役 (ファシリテーター)
徳田太郎 氏

日時
2017/06/18 (日) 14:00 〜 17:00

場所
つくば市民大学
茨城県つくば市東新井15-2 ろうきんつくばビル5階

後援

※このページに掲載されている以外の詳細は、決まり次第追記します。

【Shake-Handsシネマ&トーク】は、みんなで映画を観て、思いをシェアしあう市民上映会。
毎回、環境、経済、人や社会や生物の多様性、紛争、貧困、フードロス…などなど、さまざまな社会テーマを題材としたドキュメンタリー映画をチョイスしてお届けします。映画を観た後は、シェアタイム。お茶でも飲みながら、感じたこと、思ったことを、隣の人とちょっと話してみませんか?
めざすのは、「知る」ということ。学校では教えてくれなかった、あんなこと。慌ただしく過ぎる日常では気づけなかった、こんなこと。ここに来なければ出会わなかったかもしれない人と、ひととき思いを交わすことの新鮮さ。一人ひとり違った受け止め方、違った思いーーー。
「知る」ことから、世界が一歩ひろがります。
シェアタイムの進行役は、対話の場づくりに全国各地を飛び回る(!)ファシリテーター:徳田太郎さんです。

0円キッチン ポスター画像
(C)Mischief Films
※ポスター画像をクリックすると予告編をご覧になれます。(映画公式サイトへの外部リンク)

@つくば市民大学、新シーズン(!)のシネマ&トークは、「食糧危機」を吹き飛ばすエンタメ・ロードムービー『0円キッチン』でスタート♪

日本は世界でも有数の食料廃棄大国だってこと、知っていますか?
農林水産省の統計(平成25年度)では、日本が年間に棄てている「まだ食べられる食品」の量は632万トン! 数字が大きすぎてピンと来ないかも知れませんが、これは東京都民全員を1年間まかなえる量に相当するそう。
「レストランやスーパーで賞味期限切れのものを大量に捨ててるからだろ」でしょうか? いえいえ実は、その約半分は一般家庭からの廃棄。責任を企業だけに押しつけている場合ではありません!

この映画を作った監督のダーヴィド・グロス氏は、約20年前、学生時代に初めて「ゴミ箱ダイブ」を経験。「まだ食べられる」どころか、お店で売れるほど新鮮な食材が捨てられていることに感じたショックと怒りを、「抗議」ではなく「楽しさ」で人々に訴えようと、「ゴミ」にされた食品を救出し、それで料理するというユニークな行動を開始しました。
ゴミ箱を改造したミニキッチンを自作の廃油燃料カーに積み、故郷オーストリアからヨーロッパ5カ国をめぐる「0円キッチン」の旅に出たダーヴィド一行。彼らが繰り広げる、楽しさ満載、美味しさ満載の食材救出の旅へ、さあ一緒に出かけましょう!

※この映画は、外国語音声/日本語字幕付きです。

※映画はトーク(シェアタイム)のための話題提供という位置付けです。可能な限り良い状態で上映できるよう努めてはいますが、専門的な機器を備えた映画館ではない点はあらかじめご了承ください。
※シェアタイムへの参加は自由です。

 

【ご協力を!】

今回、前払と当日支払は同額ですが、会場の準備の都合上、当日支払の場合もできるだけ事前申し込みにご協力ください。
また、前払券と当日支払券は、支払方法の選択肢が異なりますのでご注意ください。

*「前払」でお申し込みの場合は、「ゆうちょ銀行」または「Square請求書(クレジットカード払い。説明はこちら)」を選択ください。
   →前払券は、代金の決済をいただかないと電子チケットが発行できないため、お席の確保ができません。
*「当日」でお申し込みの場合は、「当日支払」を選択ください。
   →他の支払方法を選択されますと、電子チケットが発行できないため、お席の確保ができません。
なお、一度のお申し込みにつき、支払方法は1つしか選べませんので、両方の券種をお申し込みの場合は券種ごとにお申込みください。